せとうち観光専門職短期大学 せとうち観光専門職短期大学

大学概要


建学の精神

観光と社会や人類との関わりを深く探究し、観光を通じて、 地域社会の発展と諸外国との交流と共生に貢献する人材を
育成する。

教育理念

  • 教員、職員、学生が、小規模な組織において一体となった教育の場を構築する。
  • 大学教育で修得されるべき思考力を涵養する。
  • 産業界との教育連携を拡充し、理論に裏付けられた実践力を育成することにより、高度専門職業人の徹底的な実務教育を実践する。
  • 地域連携を深化させ、多様な地域貢献のあり方を模索し実現する。

養成する人材像

観光振興のエキスパートとして、観光産業及び観光による地域創生事業を牽引しつつ、社会構造の変化やニーズを的確に捉えて事業イノベーションや地域社会の魅力を創出することができる高度専門職業人を養成します。

3つのポリシー

専門職短期大学の特徴

2017年5月の学校教育法の改正に伴い、 短大創設以来、 55年ぶりに新たな高等教育機関として大学制度の中に位置づけられたのが、 専門職大学・専門職短期大学です。 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関として、産業界との連携に重点を置いた教育を行います。

  1. 01_
    実務家教員( 専攻分野において概ね5年以上の実務経験を持ち、 高度な実務能力を有する )を教員組織の中に位置づけ、 必要専任教員数の概ね4割以上を実務家教員とし、 さらにその半数以上は研究能力を併せ有する実務家教員とする。
  2. 02_
    卒業単位の概ね3~4割程度以上を実習等の科目とするとともに、 適切な指導体制が確保された企業内実習等を2年間で 10単位以上履修する。
  3. 03_
    産業界等と連携した教育課程の開発、編成を行う協議会を設置する。
  4. 04_
    専門職短期大学卒業者には「短期大学士(専門職)」の学位を授与。 この学位は、「短期大学士」相当のもの。


組織図



沿革

2020年10月
文部科学省より設置認可を受ける。
2020年12月
高松市と連携・協力に関する包括協定締結。
2021 年 4月
せとうち観光専門職大学開学。観光振興学科を設置。